成就寺
KUMANOMANDARA27

臨済宗東福寺派

薬王山

成就寺

じょうじゅじ

成就寺は、京都東福寺虎関派海蔵院を本山とする禅寺です。

創立は、古くは寛永15年(1638)に小山実隆氏の菩提寺としての始まりとありますが、 貞和2年(1685)虎関禅師を開祖とし臨済宗寺院として寺号を成立しました。

現本堂は、安永5年(1776)秋に再建されたもので、本堂及び客間の内壁は全て長澤蘆雪の揮毫になる障壁画で飾られています。

成就寺の長澤蘆雪画は、その美術的価値の高さから、昭和54年6月6日、他の南紀東福寺派諸寺院の蘆雪画とともに、国の重要文化財に指定されています。

なお、蘆雪の障壁画四十五面は、現在、和歌山県立博物館へ委託しています。


ご案内

宗派   臨済宗東福寺派
本尊   薬師如来
開祖   虎農禅師
創建   寛永15 (1638)年
寺号創立 貞享2(1685)年
再建   安永5(1776)年

御本尊

薬師如来 

主な行事

  • 1月1日 修正会

  • 2月15日 涅槃会

  • 3月21日 無縁墓供養会

  • 4月8日 釈迦降誕会

  • 4月中旬 水子供養会

  • 8月15日 山門大施餓鬼会

  • 9月23日 千燈供養会

  • 10月5日 達磨忌

  • 11月3日 戦没者慰霊祭

  • 12月8日 成道会

  • 12月31日 除夜会

  • 観音堂

観音堂

本堂の隣に観音堂があり、 明治33年に山本三郎松氏の寄進により建立しま た。霊験あらたかな西国三十三番の各寺の本尊を安置しています。

立ち寄り処

ウナギ(東うなぎ店)
串本といえばウナギが自慢。清らかな古座川で育った大きなウナギは、古来から食通をうならせてきたことは有名です。ウナギは、さばく直前まで古座川の水に泳がせて身を引き締め、余分な脂を落とします。これを秘伝の甘辛いタレにからめて、紀州備長炭でじっくりと焼きあげます。外はカリッと香ばしく、中はふんわりとジューシーに。その歯ごたえと、ほどよい脂のノリは古座川で育ったたまもの。お口いっぱいにひろがるとろけるようなおいしさは、まさに絶品です。ちょっとひと休みして立ち寄ってはいかがでしょうか。

御歌

巨いなる 
瑞雲の松 
梢もる
月影映す 
法のともしび

成就寺連絡先

和歌山県東牟婁郡串本町西向396

0735-72-0754

交通のご案内

電車にて

京都・新大阪駅からJRきのくに線にて古座駅下車。徒歩5分。

自動車にて

阪和自動車道・紀勢道すさみ南ICから国道42号を経て、古座大橋手前で県道38号を入り、古座駅へ。